注目の記事 PICK UP!

Yahoo!カテゴリに登録する

久しぶりにweb系のネタです(^^;;
Yahoo!対策として
「Yahoo!カテゴリ(通称:ヤフカテ)に登録する」方法があります。
直接SEOとしての効果があるかというと・・・?ですが。。。
Yahoo!検索の検索結果に表示される可能性が最も高い方法は、Yahoo!カテゴリやOpen Directory Project(ODP、外部サイト)など、規模の大きなディレクトリサービスに掲載されることです。
http://info.search.yahoo.co.jp/archives/002875.php
と、Yahoo!さん自ら言ってます。
商用サイトなら、52,500円払って
「ビジネスエクスプレス」に申し込むのが手っ取り早い方法です。
詳細は、こちらに>> http://business.yahoo.co.jp/bizx/
商用サイトでなければ、こちらから>>
http://dir.yahoo.co.jp/pg/submit/guide/index.html
と、もうひとつの“ウラ”登録
Yahoo!のTOPページ右上にある「カテゴリ一覧」を
ポチッと・・・
「話題のカテゴリ」やカテゴリ一覧のページが表示されます。
中ほどにある [今週のオススメを見る] をポチッと・・・
Yahoo!カテゴリ登録されている
「今週のオススメ」サイトが紹介されています。
その右に「今後の特集予定」が表示されます。
今日現在ですと、
2/22特撮特集
3/1驚異の奇観特集
3/8日本文化特集
3/15放送作家特集
3/22無料特集
と言った具合です。
さて、“商用でない”サイト=例えば趣味のブログとか、、、
をあなたがお持ちで、上記の「特集」にあてはまりそうなら、
「サイトの推薦」から登録してみてくだい。
http://picks.dir.yahoo.co.jp/weeklypicks/suggest.html
うまくいけば、、、、
もし、うまくいけば・・・ですよ(^^;;
ここから、Yahoo!カテゴリに登録されて
Yahoo!からの検索がバンバン入る・・・かもしれません。
どんなサイトが登録されるかは
「今週のオススメ」サイトを研究してください。
多少のご相談には乗れると思いますが
対処は、個人責任でお願いします。
でも、もしうまくいったら ご報告くださいm(_ _)m

関連記事

  1. 予算をかけない0からのネット戦略

  2. note

    note ―つくる、つながる、とどける。に登録してみました

  3. 「略さず書く」表現

  4. slideshare.net

    プレゼン資料をSlideShareに

  5. KYOTO WiFi

    KYOTO WiFi

  6. メディア消費時間でWebに次いでモバイルが印刷物を抜く–でも広告主は印刷物に空しい幻想を

  7. パーソナルカラー診断

    京都カラーマーケティングを受けてきました

  8. Facebookページ

    Facebookページの作り方

  9. Facebook日本語関西弁

    Facebookの言語設定に関西弁登場 “ええやん!”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP