注目の記事 PICK UP!

Yahoo!カテゴリに登録する

久しぶりにweb系のネタです(^^;;
Yahoo!対策として
「Yahoo!カテゴリ(通称:ヤフカテ)に登録する」方法があります。
直接SEOとしての効果があるかというと・・・?ですが。。。
Yahoo!検索の検索結果に表示される可能性が最も高い方法は、Yahoo!カテゴリやOpen Directory Project(ODP、外部サイト)など、規模の大きなディレクトリサービスに掲載されることです。
http://info.search.yahoo.co.jp/archives/002875.php
と、Yahoo!さん自ら言ってます。
商用サイトなら、52,500円払って
「ビジネスエクスプレス」に申し込むのが手っ取り早い方法です。
詳細は、こちらに>> http://business.yahoo.co.jp/bizx/
商用サイトでなければ、こちらから>>
http://dir.yahoo.co.jp/pg/submit/guide/index.html
と、もうひとつの“ウラ”登録
Yahoo!のTOPページ右上にある「カテゴリ一覧」を
ポチッと・・・
「話題のカテゴリ」やカテゴリ一覧のページが表示されます。
中ほどにある [今週のオススメを見る] をポチッと・・・
Yahoo!カテゴリ登録されている
「今週のオススメ」サイトが紹介されています。
その右に「今後の特集予定」が表示されます。
今日現在ですと、
2/22特撮特集
3/1驚異の奇観特集
3/8日本文化特集
3/15放送作家特集
3/22無料特集
と言った具合です。
さて、“商用でない”サイト=例えば趣味のブログとか、、、
をあなたがお持ちで、上記の「特集」にあてはまりそうなら、
「サイトの推薦」から登録してみてくだい。
http://picks.dir.yahoo.co.jp/weeklypicks/suggest.html
うまくいけば、、、、
もし、うまくいけば・・・ですよ(^^;;
ここから、Yahoo!カテゴリに登録されて
Yahoo!からの検索がバンバン入る・・・かもしれません。
どんなサイトが登録されるかは
「今週のオススメ」サイトを研究してください。
多少のご相談には乗れると思いますが
対処は、個人責任でお願いします。
でも、もしうまくいったら ご報告くださいm(_ _)m

関連記事

  1. 「18歳未満」で検索

  2. ホームページリニューアル中

  3. slideshare.net

    プレゼン資料をSlideShareに

  4. 予算をかけない0からのネット戦略

  5. outlook2010

    Outlookの署名作成

  6. yahoo!とGoogleの検索結果が

  7. インターネット活用の流れ:まずは、メモ的に

  8. KYOTO WiFi

    KYOTO WiFi

  9. Google の検索エンジン最適化:デザインとコンテンツに関するガイドライン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP