注目の記事 PICK UP!

ライバルサイトを・・・(2)

中座から戻りました・・・ながっ!
「ライバルサイトをハダカにする」 続きです・・・

All Aboutの「ホームページ作成」

http://allabout.co.jp/gm/gt/1355/

をサンプルに
 ページの写真やリンクのないところで、マウスを右クリック
   ↓
 「ソースの表示」をクリック
   ↓
 メモ帳などで、そのサイトの「ソース」
 が表示されます。
表示されました?
■metaタグ
タイトルについで、重要なのが<メタタグ>です。
そのページが、
何について書かれているのか=作成されているのか と
検索で“ひっかかってほしい”ともくろまれているキーワード
を調べるには<meta>タグを見ます。
<meta name="keywords" content="html,javascript,cgi,素材,画像,サーバ,アクセス">
<meta name="description" content="ホームページ作成の基礎から、素材集、アクセス向上、サイト宣伝まで、サイト管理者に役立つ情報を専門家がわかりやすく紹介。さあ、早速自分のHPを作り、新たなweb生活を始めましょう!">
「ホームページ作成」の簡単な説明=趣旨 と
検索“意図”キーワードが見てとれます。
ちなみに http://www.yahoo.co.jp/  さんは、
<meta name="description" content=
"日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、メール、コミュニティ、ショッピング、など80以上のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「ライフ・エンジン」を目指していきます。">
まさに企業コンセプトそのものです。
<meta>タグ書くことで、
そのページの内容説明を検索結果に表示させる事ができます。
このタグを書かないと、<title>タグや「ソース」内容が
表示されますので意識してください。

「文字数」は何文字まで・・・とか
「変更、更新」はどのタイミングがいい・・・とか、、、は
ご自分で調べてね(^^;;
ただ、最近この<meta>タグを検索エンジンは
以前ほど重要視していない・・・という話もあったりなかったり
ですが、きちんと書かれているほうがいいに決まってますので
ご自分のサイトもここをチェックしてください。

関連記事

  1. NissanJP

    NISSAN

  2. 家計簿アプリ

    家計簿ツールをさがす

  3. joomla

    Joomla!

  4. Google の検索エンジン最適化:デザインとコンテンツに関するガイドライン

  5. ライバルサイトをハダカにする

  6. loli_wp_mail

    ロリポップ!で「WordPressログイン画面へのアクセス制限が実施されています」が表示されたら・・…

  7. みんビズ|セミナー資料

  8. 予算をかけない0からのネット戦略

  9. 「18歳未満」検索結果の回答

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP