注目の記事 PICK UP!

「18歳未満」検索結果の回答

お~っとぉ、年始より○○様から

ご回答ありがとうございます。

被リンクが多いからですかね

正解♪(ピンポーン)です。

SEOの仔細は、ご専門の諸氏にお譲りするとして・・・

タネ明かしとしては、

アダルトサイト、出会い系サイトなどで
あなたは、「18歳以上」 or 「18歳未満」 を
選択してクリックしますよね。。。

(ご存知ない方のために、、、クリックするんです(^^;;)))

「18歳以上」をクリックすれば、
当然そのサイトの中にはいっていくいのですが、

「18歳未満」をクリックした時には、
ブラウザー自体を終了させるか、
どこか別のサイトに飛ぶように設定しないといけません。

その際に、最もポピュラーで他に被害のないサイト?として
検索サイトである、yahoo! や Goole にリンクを
張ってあるのです。

タグで書きますと
 <a href="http://yahoo.co.jp/ ">18歳未満</a>
ですね。

そのため、日本中のアダルトサイトを中心とした
「18歳未満」と書かれたテキスト(文字列)からリンクが
張られたサイトとして、検索の結果で上位に出てくる
・・・ということです。

「yahoo!キッズ」のページにリンクしてあるのは、
『お子様は、こちら』的なコネタですかね。

特に、ここ2、3年『yahoo!モバイル』が上位に来ているのは
携帯サイトに、出会い系とかが増えている裏返しだと思います。

このような手法を使って、SEO会社さんたちは、
検索されたいキーワードを仕込んだ被リンク(バックリンク)用のサイト
を大量に作っています・・・・と言われています。

webサイト(ホームページ)をお持ちの方は、
ご自身の「会社名」「屋号」 や

「業務内容」「サービス名」で
リンクを張るようにしましょう。

「→ こちら」では、あなたのサイトは「こちら」
について書かれたサイトだと認識されてしまいます。

長くなりましたので、このあたりで。
第1回SEO基礎講座でした。

第2回は、あるのか・・・?

関連記事

  1. メディア消費時間でWebに次いでモバイルが印刷物を抜く–でも広告主は印刷物に空しい幻想を

  2. r-cms.jp

    国産のCMS RCMS

  3. Yahoo!メルマガサービス終了

  4. ネット広告費が新聞を抜く

  5. 被リンク(バックリンク)を調べる

  6. Facebook日本語関西弁

    Facebookの言語設定に関西弁登場 “ええやん!”

  7. KYOTO WiFi

    KYOTO WiFi

  8. 第13回ござれGO-SHU! USTに・・・残念!

  9. Google八分!?・・・まじっすか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年1月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP