注目の記事 PICK UP!

「ライバルサイトをハダカにする」 続きです・・・

yahoo! http://www.yahoo.co.jp/ 

をサンプルに
 ページの写真やリンクのないところで、マウスを右クリック
   ↓
 「ソースの表示」をクリック
   ↓
 メモ帳などで、そのサイトの「ソース」が表示されます。
表示されました?
■metaタグ
タイトルについで、重要なのが<メタタグ>です。
そのページが、
何について書かれているのか=作成されているのか と
検索で"ひっかかってほしい"ともくろまれているキーワード
を調べるには<meta>タグを見ます。
yahoo! http://www.yahoo.co.jp/ さんは、
<meta name="description" content=
"日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、メール、コミュニティ、ショッピング、など80以上のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「ライフ・エンジン」を目指していきます。">
まさに企業コンセプトそのものです。
<meta>タグ書くことで、
そのページの内容説明を検索結果に表示させる事ができます。
このタグを書かないと、<title>タグや「ソース」内容が
表示されますので意識してください。
「文字数」は何文字まで・・・とか
「変更、更新」はどのタイミングがいい・・・とか、、、は
ご自分で調べてね(^^;;
ライバルサイトともども
ご自分のサイトもここをチェックしてください。

関連記事

  1. Twitterってどう使う?

  2. Facebookページ

    Facebookの「ユーザーネーム」独自URL(アドレス)を設定

  3. Facebookページ

    Facebookカバー画像・プロフィール画像 サイズ

  4. タワーレコードTwitter活用

  5. Twilog:Twitterのつぶやきをブログ形式で保存、閲覧

  6. AKB48公式サイト|大島優子

    基本は劇場への集客|AKB48におけるSNS利用 チェック

  7. twitterの画面が変わりました

  8. 「クチコミ」について

  9. twitterなう:商店街情報サイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年6月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP