注目の記事 PICK UP!

「かなめ」とは

「要」とは、 (Yahoo!辞書 より)
1 ある物事の最も大切な部分。要点。
 「組織の―となる人」「肝心―」
2 扇の骨をとじ合わせるために、その末端に近い部分に
 穴をあけてはめ込む釘。蟹(かに)の目。
必要、重要、要約、概要の「要」には、
中心、大事な部分の意味があります。
上記、2.の扇の何枚もの骨を留める部分を
「金目(かなめ)」と呼ぶようです。
広げたり縮め足り,時節に応じて商売の仕方を変える
まさに「扇子商法」の中心です。
この「かなめ」のように、中心となり、
会社、組織あるいは、周りの方々とのつながりを
広げたり、伸縮させて関わる存在でありたいと。
平野さんが、よくたとえに出される
「ハブ」としての存在を亜流に解釈すると
こんなことかと・・・。
ちなみに、扇の骨=扇骨(せんこつ)生産の9割は、
滋賀県高島市の「高島扇骨」が占めています。
地元PR(^^;;
「かなめ」の存在を考える“mind”

関連記事

  1. ネットとリアル

  2. 家計簿アプリ

    家計簿ツールをさがす

  3. 望む行動へ導く表現

  4. 今年の目標

  5. 経営計画とは

  6. 「青空文庫」のご紹介

  7. 本年の目標

  8. お年玉年賀はがき 当せん番号発表

  9. 2010 ユーキャン新語・流行語大賞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP